FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国内モンゴル自治区シリンホト市文化交流④

今回はまず前回の最後に投げかけた疑問にお応えします。
なぜ5時過ぎだというのに人々はゆうゆうと観光しているのか…
それは簡単なことでした。
答えはなかなか日が暮れないから!!
そうなんです。
この時期ここの日暮れは本当に遅いのです。
実際この日の夕暮れも9時近くでした。

夜の歓迎会までは、まだ時間があるので、乗馬を楽しませていただきました。

馬に跨り目的を忘れつつある師弟
IMGP3432.jpg
IMGP3436.jpg
歓迎の宴には空港まで迎えに来てくれた学部長を始め、副学部長や、芸術学部の先生方が、僕たちのために集まってくれました。
流石は芸術家の宴、お酒が入ると次から次へ、歌と踊りの競演になりました。

歓迎の宴の様子
IMGP3500.jpg

しかしモンゴル人は本当にお酒が強いです。
このペースに合わせて飲んでたら旅の終わりにはアル中になりそうです。
気が付けば外は月明かり、明日からいよいよ交流が始まります。

草原に浮かぶ月
IMGP3519.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藤間彰彦

Author:藤間彰彦
埼玉県川越市在住の日本舞踊家です。
幼少より師である実父に師事し4歳にて初舞台を踏み、以後国立劇場、浅草講会堂など様々な舞台に立って来ました。
また1992年に日中友好協会を通して参加した児童文化交流をきっかけに、踊りを通した文化交流を行っています。
現在は国内をベースとしながらも国内外問わず舞踊を通した文化活動を行なっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
藤間流彰扇会日本舞踊教室
  • 管理画面
  • ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。