FC2ブログ

つるし雛

近年桃の節句につるし雛を見かける機会が増えたように思います。
つるし雛とは江戸時代後期の頃に始まった雛節句のお祝いの風習で伊豆稲取地区の伝統工芸です。
江戸時代は、お雛様を購入出来る裕福な家庭は稀で、その代用品として作られるようになったのが始まりだそうで、戦後までは盛んに行われていましたが、戦後の混乱期のさなかに、一時廃れかけ、平成5年に婦人会クラブ活動の一環として復活したそうです。
この伊豆稲取地区の雛のつるし飾りと、九州柳川地区のさげもん、山形酒田地区の笠福を日本三大つるし飾りと呼ぶそうで、この3個所には歴史的な伝承の由来や雛細工の文献等、つるし飾りの資料が現存しているそうです。
さてそんなつるし雛ですが、現在川越のお稽古場から程近い仲町観光案内所(旧笠間支店)でも、2月末までの期間限定で展示されており、9:00~16:30の間なら誰でも無料で見学出来るようになっています。

turusibina.jpg
桃(長寿)、猿っ子(魔除け)、三角(薬袋香袋)など飾り物には様々な意味が籠められているそうです。


眺めているだけで楽しく華やいだ、それでいてどこか懐かしいような気持ちにさせてくれます。
お時間とご興味のある方は是非ご覧になってみて下さい。

コメントの投稿

非公開コメント

吊るし雛

仲町案内所の、吊るし雛、ご紹介頂きまして誠にありがとう御座います。写真の履歴は長いですか…?吊るし雛が、実物以上に良く見えます。
又川越の情報等発信して頂ければ幸に思います。

お褒めの言葉ありがとうございます。
写真は趣味程度ですので恐縮です。
ただ私の専門は日本舞踊なのですが、
舞踊も写真も、限られた空間の中で美を表現をするという点で、
相通ずるものがあるのかなと思います。
なにはともあれ身近で素晴らしい展示をして下さり、
楽しませていただいております。
これからも素敵な展示を楽しみにしております。
また是非紹介させて下さい。
プロフィール

藤間彰彦

Author:藤間彰彦
埼玉県川越市在住の日本舞踊家です。
幼少より師である実父に師事し4歳にて初舞台を踏み、以後国立劇場、浅草講会堂など様々な舞台に立って来ました。
また1992年に日中友好協会を通して参加した児童文化交流をきっかけに、踊りを通した文化交流を行っています。
現在は国内をベースとしながらも国内外問わず舞踊を通した文化活動を行なっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
藤間流彰扇会日本舞踊教室
  • 管理画面
  • ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR