FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青く染まる時の鐘

昨日川越の街のランドマーク時の鐘が青くライトアップされました。11月14日は埼玉県の県民の日なのですが、同時にこの日は世界糖尿病デーなのだそうです。
このイベントはあまり馴染みのない世界糖尿病デーを世の人々に知ってもらおうというPRのイベントで、世界糖尿病デーのイメージカラーである青に時の鐘をライトアップして糖尿病予防の大切さを伝えているそうです。
昨年に第一回目が行われ今年で二回目の始まったばかりのイベントです。
僕はライトアップの終了時刻の少し前に時の鐘に向かいました。
流石にもう間もなく消灯するためか辺りには、大きな三脚のついたカメラを構えた人が二人と後はスタッフの方々だけでした。
tokinokane01.jpg

それでも終了間際にはパラパラと人が集まり消灯時刻には見物客だけで十人位にはなっていたかと思います。
糖尿病は現代人の誰もがかかりうる病です。
そして死に至る恐ろしい病です。
夜の闇に浮かぶ青い灯火に健康の大切さをあらためて感じました。
健康じゃなきゃ踊りも踊れませんしね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藤間彰彦

Author:藤間彰彦
埼玉県川越市在住の日本舞踊家です。
幼少より師である実父に師事し4歳にて初舞台を踏み、以後国立劇場、浅草講会堂など様々な舞台に立って来ました。
また1992年に日中友好協会を通して参加した児童文化交流をきっかけに、踊りを通した文化交流を行っています。
現在は国内をベースとしながらも国内外問わず舞踊を通した文化活動を行なっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
藤間流彰扇会日本舞踊教室
  • 管理画面
  • ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。